水廻りのリフォームは100万円を覚悟する


水廻り設備のリフォームは100万円以上かかると覚悟を決めておいた方が良いでしょう。壁紙リフォームを同じような感覚でいてはいけません。住宅設備となりますと、グンと値段が上がるものです。

とは言ってもまあ、トイレや洗面台ぐらいの設備ならば二桁万円におさまります。けれども、水廻り設備の大物こと「キッチン」と「バスルーム」に関しては三桁万円かかるという覚悟を決めておく方がいいでしょう。

中古の住宅設備でない限り、「キッチン」と「バスルーム」に関しては、100万円以下となることは、滅多にないことだとも言えますから。いや、バスルームに関しては、ファミリー向けにしましても大きさを問わなければ、数十万円のものも出ていますね。

けれどもキッチンは別です。ファミリー向けになりますと、余裕で100万円は越えていきますからね。キッチンの場合は、中古の設備の出ているとはいえ、中古のファミリー向けのキッチン自体がなかなか出てきませんので、やはりキッチンリフォームをするのならば、金額の覚悟はあらかじめしておいた方がいいでしょう。そうでないと、見積もりをもらった時のショックが大きくなり過ぎますから。