住宅ローンだけでなく、リフォームローンも用意されています


住宅ローンは住宅の購入の為のローンですが、リフォームにも専用のリフォームローンが用意されています。
このリフォームローンは主に銀行から提供されており、その住宅自体を担保とすることが前提の住宅ローンとは違い、原則的に無担保で、保証人も必要なく融資を受けることができるのが特徴です。

住宅ローンは最長で35年での支払いが可能ですが、リフォームローンは最長でも15年が限度で、融資を受けることができる金額も多くの場合で1000万円程度が上限になります。これは、住宅の購入ほど費用が掛からないことと、無担保融資になる為、住宅ローンほど高額で長期間に及ぶローンは組めなくなっているということです。

そして、リフォームローンでは住宅ローンのように、金利の固定制、変動制を選択できますが、どちらを選択しても、利率は住宅ローンより高くなります。これも担保や保証人のない融資という性質上、仕方がないと言えます。
ですが、年利2~4%程度のことが多く、カードローンによるキャッシングのような無担保融資と比較すると、かなり安い金利だと言っていいでしょう。もちろんその分審査は厳しく行われますが、何より担保や保証人を必要とせずに高額のローンを利用できるという点は、リフォームを考えている人には大きなメリットになると言えるでしょう。

リフォームを行う際にその資金が不足する場合には、一度このリフォームローンの利用を考えてみてはどうでしょうか。