住宅ローンとリフォームローンの違い


最近は、各市町村を中心に空き家物件が多く目立ちます。日本の超高齢化社会の影響なのでしょう。そのためか中古住宅を購入してリフォームする人が増えて来ていますね。このように時代の流れと共に不動産市場の流れも変化してきていますが、住宅ローンとリフォームローンの違いはどういったものなのでしょうか。まず、大きな違いは金利の部分でしょう。リフォームローンでは住宅ローンに比べて融資額の上限が異なり、リフォームローンの場合平均して500万円程度とされています。一方住宅ローンだと、新築か中古住宅かによっても違いがあるますが、仮に家を新築する場合だと最低でも2000万は必要となるでしょう。豪邸を建てるとなるとさらに費用はかかることになります。そのことから、住宅ローンのほうが金利は低く設定されていることがほとんどです。もう一つ異なる点は審査です。リフォームでローン審査を検討する際は、大抵の場合既に家を所有していると思うので融資金額が低いので審査自体それほど厳しくはありませんが、住宅ローンの場合だと、融資金額が高く設定されてることが多いため審査基準が厳しく設けられています。比較すると住宅ローンのほうが審査が通るには敷居が高いようです。