リフォームとリノベーションの違いって?


最近、リフォーム・リノベーションが注目されています。

みなさんも一度はこの言葉を目にした事があるのではないでしょうか?

でも、みなさんはこの二つの言葉の意味を知っていますか?

住宅系の雑誌なんかでは「リフォーム・リノベーション」と一括りになっており、一緒の意味だと考えている方も多いと思います。

前に中古マンションを買ってフルリフォームを行った知り合いも私と同じ横浜市に住んでいるのですが、これも現在ではリノベーションと言われるそうです。

では、リフォームとリノベーションは何が違うのか。

今回はこの二つの言葉の違いについて調べてみました。

一言で言うと、リフォームは「直す、元通りにする」リノベーションは「違う価値をつけたものに作り替える」という意味です。

具体的な例を紹介すると・・・

リフォームは古くなった設備(キッチン、トイレなど)を新しいものに替えたり、外壁を修理する事で新しい家同様のものにする事です。なので、今の家を新築に近づけたいという方はリフォームすることになります。

リノベーションは家のコンセプト自体を変えます。家の内装をカフェ風に変えたり、マンションの空間をホテルのように変えたりします。なので、家の空間をガラリと変えたい方はリノベーションすることになります。

ぜひ、この二つの言葉の意味を知った上で、自分の家をどう生まれ変わらせたいか考えてみてくださいね。