リフォームに住宅ローンは利用できる


一昔前は住宅購入は新築というのが一般的でした。しかし最近は中古住宅の販売も増えてきており、中古住宅を選択する人も多くなってきています。
リフォームな盛んな横浜の方でもマンションのフルリフォームを行った事例があります。中古住宅のフルリフォームは、リノベーションとも呼ばれますね。

中古住宅のメリットはなんといっても住宅価格が安いことです。新築には手が出ないけれどもマイホームがほしい、そんな人に中古住宅が人気なのです。しかし中古住宅ゆえのデメリットもあります。
中古住宅を購入した人のほとんどはリフォームをすることでしょう。中古住宅の場合、住宅購入資金だけでなくリフォーム費用も必要なのです。

住宅の購入費は住宅ローンが利用できます。ではリフォーム資金も住宅ローンを利用できないのでしょうか。
実はこれが可能なのです。住宅の購入費とリフォーム費を合わせた総額で住宅ローンを組むことができるのです。

ですから、中古住宅を購入するときには事前にリフォームの計画も立てて、リフォーム代も含めた金額で住宅ローンを組むことがおすすめです。住宅購入後にリフォームローンを組むこともできますが、住宅ローンより審査が厳しく、金利も高いため、おすすめではありません。
手間はかかかりますが、中古住宅を購入するときにはリフォームの計画も立ててしまいましょう。