30代前半からの住宅ローンを子どもができてあきらめた


30代前半で結婚しました。
当初は、夫婦で都心に家賃15万円で住んでいました。
家賃が15万円というのは周囲の人と比べて高いように感じましたので、住宅の購入を検討しました。
夫婦共働きで正社員でした。
月収は夫35万円、妻25万円程度でした。
家賃程度のローンならば大丈夫かと思い、住んでいた地域周辺でのマンションを探しました。
近くの物件を見に行ったら、賃貸で住んでいたマンションよりだいぶ狭い物件でした。
しかし新築でした。ローンをシミュレーションしてもらうと、
月々の支払いが16万程度で、30年ローンでした。

当時夫婦ともに30歳を過ぎていましたから、定年後までこのローンを支払い続けることになります。
定年前に完済しようとすると毎月の返済額がより高額になります。
家計の負担はかなり大きいと感じました。
どうしようか逡巡しているうちに、子どもができ、子育てのかかる費用を考えると、
住宅ローンが大きすぎると考えたため、住宅の購入は諦めることにしました。

このように、新婚初期に住宅を買うことは子どもができる可能性を考えるとリスクが
大きいもののように思いました。