住宅ローンは庶民生活に負担の掛からない制度


最近の住宅ローンの低金利は、政策的には短期金利は据え置きということになり、中・長期金利については一部に限って上昇する傾向ということになったらしいです。 因みに、短期金利というのは1年以内の借入や資金運用に関する金利のことで、其の代表的なものとしては翌日物の無担保ローンな等があり、住宅ローンは含まれません。 

一方、長期金利は借り手が1年を越える運用に関する金利のことを指すようです。 其の代表的な金利物としては国債の金利が挙げられますが、社債や地方債の金利なども長期金利に含まれます。 更に住宅ローン等の長期貸付の金利なども、此等の長期金利をベースに決められることが多いですし、返済期限としては最も長く国債よりも長いのが一般的です。

此の住宅ローンと言うのは庶民生活に直結しているものであり、国の金融政策においても最も重要視されているものです。 住宅ローンの特徴としては何千万という資金を大量に借りることが出来ますし、其の返済期限も数十年に亘る永さというのが特徴的です。 従って、返済額も月々にすると少額で済み、庶民生活において出来るだけ負担の掛からないような仕組みになっているのです。