ボーナス支給時は普段より多く払う


住宅ローンの借換えを検討したり、繰り上げ返済したりとありますが、もちろん住宅ローンは返し続けていく事になりますよね。

その際に、実はボーナスが1つのポイントになってくるのです。もちろんボーナス月には、普段よりは多くの給料が支給される事になるでしょう。それだけに、普段の月よりも余裕が生じやすいですね。

それで上記の融資商品では、できるだけ早めに残金を減らすのが重要になってきます。このため、ボーナスなどは上手く活用した方が良いのですね。それが支給される月は、少なくとも余裕が出る訳ですから、普段よりは多く返すのが望ましいでしょう。その方が、後々になって楽になるのは間違いないからです。

例えば普段は毎月7万円ずつ返し続けているとします。それで支給月には14万だけ返すことにより、後々がだいぶ楽になるケースも目立つのですね。それを有効活用する方々は、大変多いです。

ただボーナス月にあまり多く払い過ぎるのも、やはり生活資金に関する問題があるでしょう。生活のやり繰りなども考えて、無理の無い範囲でボーナスを活用するようにしたいものですね。